商品情報にスキップ
1 12

煎茶 中国茶 台湾茶向け 日本製急須/茶壺専門店 東山堂

小茶箱 (茶藻掛け急須 × 紺緑地縞手)

小茶箱 (茶藻掛け急須 × 紺緑地縞手)

通常価格 ¥40,150 JPY
通常価格 セール価格 ¥40,150 JPY
セール 売り切れ

常滑焼茶藻掛け急須の小茶箱です。紺緑地縞手更紗の急須袋、桐箱との組み合わせです。

 

<急須>

作り手: 甚秋陶苑 (常滑焼)

焼成:  電気炉

サイズ: 全長11cm(把手・口含む)、胴径6.5cm、高さ8.5cm

容量:  140ml

重さ:  約130g

原材料: 常滑産泥土

備考: 蓋と胴の間の密閉性は良好です。

              上部の穴は、蓋つまみの脇にあります。

 

<常滑焼>

常滑焼は、愛知県常滑市で作られる陶器です。中世における、日本最大の窯業産地であり、皿、碗、鉢などの日用品以外にも、甕や壺などの大型陶器も多く作られました。

 

江戸時代末期(西暦1858年頃)から、朱泥茶器や酒器も作られました。昭和中期(西暦1962)以降、朱泥向け電気炉の技術が確立されました。

 

朱泥、黒泥など急須向きの土があり、急須を作る技術が極めて高いです。日本最大の急須生産地です。

 

<仕覆>

職人: 秀哉 (茶道具袋師)

 

秀哉(しゅうさい) — 仕覆(しふく)・茶道具袋物 (syusai.jp)

 

生地:  紺緑地縞手 (こんりょくじしまで)

サイズ: 横 約12cm 高さ 約10cm

重さ:  約20g

材料: 表生地、裏生地 綿100% 組紐 絹100%

備考: 仕覆の画像には、白藻掛け急須が一部映っていますが、本商品は茶藻掛け急須との組み合わせです。

 

<桐箱>

生産者: 美萩工芸 

サイズ: 縦10.8cm 横10.8cm 高さ11.5cm

重さ:  約120g

材料: 箱 桐材(米国産) / 組紐 絹100%

備考:  組紐の色は紺藍です。

     

低在庫:残り1個

詳細を表示する

よくある質問

急須はどのお茶に使えますか?

どの種類のお茶にもお使いいただけます。ただし、釉薬が掛かっていない陶器は、茶葉の風味を吸収しやすいです。お茶の系統ごとに茶器を使い分けていただくと、お茶の風味を堪能できます。

例えば日本茶の場合、煎茶、深蒸し茶、玄米茶、玉露は同じ系統ですが、ほうじ茶は焙煎の香りが濃いため、別の茶器を使うことをおすすめします。

ただし、釉薬が掛けられた陶器あるいは磁器の茶器は、茶葉の風味を吸収しないため、様々な種類のお茶を淹れるのに適しています。

急須はどのように洗いますか?

急須は洗剤を使用せず、水洗いしてください。陶器の急須は洗剤成分を吸収しやすく、洗剤はお茶の風味に影響を与えることがあります。

急須に残った茶葉は、茶渋の最大の原因となります。お茶を淹れた後は、茶葉が冷めた時点で茶葉を取り出し、水洗いすることをおすすめします。

急須に残った水分はカビの原因となります。急須を裏返して乾かすと、乾燥が早くなります。

食洗器で洗浄することはおすすめできません。手洗いでお願いします。

急須の茶渋は取れますか?

茶渋を取る方法は次の通りです。

1. ボウルまたは鍋に、重曹24gを30~40℃の水1リットルと混ぜます。

※アルミ鍋やテフロン加工の鍋は、重曹と反応しますので、使用しないでください。

2. 急須を上記1の水の中に30〜60分間放置します。

3. 茶渋を柔らかいスポンジや綿棒で拭き取ります。硬いスポンジやブラシは使用しないでください。

4. 急須を水洗いします。

5. 急須をしっかり乾燥させます。

※重曹水は手が荒れる可能性があるので、ゴム手袋を使用ください。

返品はできますか?

荷物到着時に商品が破損している場合を除き、返品はお断りしています。

茶器は一点ずつ僅かに異なり、若干の歪みや擦れがある場合もございます。オンラインショップ掲載の画像を事前にご確認いただくようお願いします。

もし商品の詳しい状態についてご質問がある場合は、お気軽にお問合せください。商品の追加画像や動画を送ることができます。

海外発送していますか?

下記の国へ発送することが出来ます。

中国、香港、マカオ、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン

商品は骨董品や中古品ですか?

当店の商品は全て新品です。日本国内の陶芸家や窯元が生産したものを販売します。