お使いのブラウザはサポートされていません。Edge, Chrome, Safari, あるいはFirefoxのご使用をおすすめします。

備前焼 緋襷急須 A

¥23,100

中国茶・台湾茶向け、備前焼の緋襷(ひだすき)急須です。

緋襷は赤茶色の模様が特徴的な、備前焼の伝統技法です。器に稲藁を巻き付け、焼成することで、赤茶色の生き生きとした模様を生み出します。

陶磁器は自然の産物であると感じられる、温かみのある土の風合いが特徴です。緋襷の模様は、炎の力を表現しているようです。土と炎、両方を感じられる急須です。

陶芸家: ICHIRO MORI (備前焼) 工房作品

PROFILE - 森 一朗 webサイト (moriichiro.com)

備前焼作家 森一朗さんのこと – 煎茶 中国茶 台湾茶向け 日本の急須/茶壺専門店 東山堂 (tozandosenchaki.com)

焼成:  薪窯

サイズ: 全長11.5cm(把手・口含む)、胴径8cm、高さ8cm

容量:  180ml

重さ:  約140g

備考: 急須形状Aタイプ。蓋のつまみ上部に穴があります。手作りなので、作品は一点ずつわずかに違いがあります。

湯を注ぐ時、蓋と胴の間から、ほぼ漏れません。土の性質上、蓋上部の穴をふさいでも、湯は止まりません。程度が気になる方には、購入前に実店舗でお確かめいただくことを、推奨しています。

 <備前焼>

備前焼は、岡山県備前市で作られる陶器です。備前焼は12001300℃の高温で焼成され、頑丈なため、壺や甕が多く作られました。備前焼は独特の土の風合いが茶人に好まれ、室町時代(西暦1338年~)以降、茶道向けの陶器を多く作るようになりました。

陶芸家ごとに複数の土を配合、あるいは使い分け、土の質感が特徴的な作品が多いです。手びねりや轆轤で成形され、薪窯で焼成されます。


備前焼 緋襷急須 A

¥23,100 JPY
About us

急須

東山堂の急須は、一点ずつ作家さんの手作り。産地の土の風合いが感じられる、温かみのある急須。

小茶箱

急須を、仕覆、漆箱と組み合わせたセット。煎茶道具をより手軽に。自分なりにお茶を愉しむ。

茶葉

最近の日本茶は新しい。烏龍茶や釜炒り茶など、香りも特徴もきわだつお茶を取り揃えています。

ショッピングカート

お買い上げいただける商品がありません

カートに商品はありません